ブラジャー 選び方

ブラジャーの選び方は試着がカギ!

ブラジャーを選ぶ時、デザインや色だけで選んでいる人もいるかもしれません。ですが、きちんと選ぶことで、身体にフィットしたブラジャーをつけることができます。身体にあったブラジャーをつけることで洋服を着た時にすっきりと見える効果があったりもします。特に、夏はTシャツなどを着て薄着になる季節。そんな時は下着がきちんと合ったものだとすっきりと痩せてみえる効果も。手を抜いていると、下着からはみ出ている肉を他人に見られてしまう恥ずかしさを感じることもあるかもしれません。

購入前には必ずサイズをはかってもらう

基本ですが必ずサイズをはかってもらって試着をしてからにしましょう。サイズをはかってもらう頻度はできれば半年に一度。その理由は、胸は体重の増減でサイズが大きくなったり小さくなったりするからです。サイズについては自分では気づきにくいものなので、下着の専門店に行ってアンダーサイズとトップサイズをはかってサイズを教えてもらうようにします。
サイズを選んでもらったら、試着をして、肩ひもを調整してもらい、カップが合っているかを確認してもらいます。ここで重要なのは、カップが合っているかということよりも、肩ひもの長さの調整。長すぎると胸が下に垂れたように見えます。短いと肩こりの原因にも。カップが合っていることに加えて、自分自身の肩の位置を調整してもらうことも重要です。

カップの形状に注意する
また、選び方は、デザインがかわいいものを買いたくなりますが、ポイントなのはカップの形状。3/4カップが胸をキレイに見せてくれますが、グラマーな人だとフルカップの方がすっきり見えることも。ブラジャーも、なりたい胸に合わせて「ボリュームアップ」、「すっきりきれいに」、「Tシャツを着る時用」、「谷間を強調」、「楽ちんなつけごこち」と様々です。デザイン重視で選びがちですが、ブラジャーをつけることは胸をキレイに見せるため。サイズやカップが合っていることが前提で選ぶのがいいでしょう。

ブラジャーのサイズは胸に合ったものを選ぶ

ブラジャーは、トップバストとアンダーバストのサイズで選びます。しかしメーカーや商品によって、若干大きさに違いがあるのはよくみられます。このため購入時には販売員のアドバイスを受けながら、実際に試着してみて購入する商品を選ぶのが理想的です。しかし現在は下着を通販で購入している人も多いため、自分に合った正しいサイズのブラジャーを購入出来ているかどうか不明なケースも多いようです。

シャンプー

ブラジャーは胸の大きい小さいにかかわらず、ぴったりな物を選ぶのが一番です。胸に合う大きさを選ぶことによって、大人になってからでも十分胸の大きさをアップさせることは可能です。また下着の装着方法次第でも、簡単にバストの大きさを上げることはできます。
もしこれまで一度もブラジャーのフィッティングをおこなったことがない方は、ぜひ一度店舗を訪れて正しい装着方法と大きさをアドバイスしてもらうといいでしょう。

バストの大きさに合わないブラジャーをつけ続けることは、胸に大きな負担をかけ続けることになりそれがいずれ胸の形の崩れや病気という事になって使用者に跳ね返ってくることがあります。
  • 大きな下着を身につけること
    確かにストレスにはならなかもしれませんが、ホールド感が全く無いということは胸を支えていることにならないため胸の形が崩れてしまう原因になります。
  • 胸の肉がはみ出すほど小さな下着を身につけた場合
    それが原因で胸に段差ができてしまい元に戻らなくなってしまうこともあります。
  • 締め付けがきつい下着をつけ続ける
    胸の血液やリンパの流れが悪くなってしまい成長を阻害したり乳腺の病気を引き起こす原因となることがあります。
胸の形はちょっとしたダイエットや体調の変化で簡単に大きさが上下することもあり、ぴったりな物を身につけ続けていくことは意外に難しいことかもしれません。しかしジャストサイズのブラジャーを身に着けていくことは、今後の美容と健康のためにも重要なポイントとなるためやはり妥協してはいけない点と考えるべきでしょう。
ピックアップ:プチ豊胸 料金が安い?!斑豊胸でバストアップ!

このページの先頭へ戻る